<![CDATA[都城高専同窓会 深山会 - 活動報告]]>Wed, 22 Jan 2020 23:28:09 +0900Weebly<![CDATA[深山会鹿児島支部総会・同窓会が開催されました]]>Fri, 17 Jan 2020 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/4072731​​1月18日(土)鹿児島市内の「朝の海」にて、深山会鹿児島支部総会・同窓会が開催され、深山会本部からも出席しました。

寺田洋一支部長の新年の挨拶の後、会長による乾杯の音頭の後、学生時代の話やひとりひとりの近況報告で、大変盛り上がりました。
また、深山会本部より、母校である都城高専の状況や今後のビジョンにつて、PPTや動画をスクリーンに映し、ご紹介しました。
特に、母校で開催されたプログラムコンテスト等のイベントについてご紹介しましたが、同窓生の中には、IT関係の会社を起業されておられる方や上場企業の役員の方もおられ、今後高専人脈を活かし、あらゆる場面でお役に立てる同窓会を目指していきたいと思います。
 
今回特筆すべきことは、1964年(昭和39年)母校が創立された年に入学された1期生から、新設した鹿児島支部のホームページを見て参加してくれた若い同窓生まで、大変多くの方に参加して頂いたことです。

同窓会の2時間もあっという間に過ぎ、全員で集合写真を撮り、一本締めの後、閉幕となりました。
今後とも、これまで以上に鹿児島と連携を密にし、同窓会組織をより活性化していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

尚、令和2年度の深山会本部交流懇親会・新人歓迎会を令和2年5月30日(土)にホテル中山荘にて開催予定との告知をさせて頂き、是非多くの方々に参加して頂くようお願いしました!

​(写真は、クリックで原寸表示)
]]>
<![CDATA[令和元年度都城高専評議員会が開催されました]]>Tue, 07 Jan 2020 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/7924055​令和元年度都城高専評議員会が1月8日(水)15:00~17:15に都城高専管理棟会議室(管理棟1階)にて開催されました。
 
深山会からも久保会長が都城高専評議員会評議員のメンバーとして出席しました。
この都城高専評議員会の評議員は、以下の9名の有識者から構成されています。
1.都城市長
2.宮崎大学工学教育研究部長
3.宮崎県教育委員会教育長
4.宮崎県中学校長会会長(宮崎市立宮崎東中学校長)
5.都城市中学校長会会長(都城市立小松原中学校長)
6.一般社団法人宮崎県工業会副会長(住友ゴム工業株式会社 宮崎工場長)
7.一般社団法人霧島工業クラブ代表理事(株式会社下森建装 代表取締役)
8.日本放送協会宮崎放送局長
9.都城工業高等専門学校同窓会会長
 
先ず各有識者による自己紹介の後、本会議に入る前に、以下の授業及び学内施設視察を行いました。
1.物質工学科1~3年生対象 就職支援講演会(多目的ホール)
2.卒業研究指導風景(専攻科研究棟4階・物質変換実験室)
3.ロボコン製作室(実習工場内・ファブラボ)
4.学生寮
 
同会議は、都城高専の教育研究活動、地域貢献活動等運営に関する重要事項について審議し、学校長に対し助言を行うことを目的として設置されており、学校運営に関し活発な議論が行われました。
 
本会議の議題は、以下の通り
1.都城高専の最近の動向について
2.平成30年度都城高専評議員会からの提言への対応について
3.令和元年計画のフォローアップについて
4.その他
 
当日は、議長である横田宮崎大学工学教育研究部長の進行により、岩佐校長から、都城高専の最近の動向について説明がありました。また、山下副校長(教務主事)から昨年度の評議員会で寄せられた提言への対応について、また令和元年度計画のフォローアップについて説明がありました。
会議では、入試、教育、研究、就職支援、社会連携、国際連携等に関する事項について意見交換がなされ、評議員から、共同研究及び学生の地元就職支援等について意見や要望が出されました。
 
都城高専では、評議員からの意見等を踏まえ、今後の教育研究や学校運営等に活かしています。
]]>
<![CDATA[全国高専ロボコン文部科学大臣賞(アイデア賞)受賞!]]>Sat, 23 Nov 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/997408811月24日(日)に東京両国国技館においてアイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト全国大会が開催されました。
 
今年は自動ロボットと手動ロボットの2台が人間と協働して洗濯物を干すという課題です。
全国大会へは地区大会を突破した26チームが集結しトーナメント方式で合計得点を争いました。
 
各ロボットは多様なアイデアで布という不安定な素材を操り、物干し竿にTシャツ・タオル・シーツを干し、1回戦から白熱した試合が繰り広げられました。
都城高専は1回戦を福井高専と対戦し、なんとか調整が間に合って勝利することができました。
 
2回戦は九州沖縄地区大会の決勝戦の再来となり果敢に挑みましたが熊本高専八代キャンパスを前に敗退となりました。
その後、決勝戦前に行われたエキシビションに小山高専と本校の2チームが選出され、両チームとも時間内に持てる力をすべて披露することができ国技館を大いに沸かすことができました。
 
表彰式では、独創的なアイデアを満載し、それを実現させたとして審査員満場一致で都城高専が文部科学大臣賞(アイデア賞)に選ばれ来場されていた萩生田文部科学大臣より賞状とトロフィーが授与されました。
 
また、大会協賛企業の安川電機様より特別賞をいただくことができました。
昨年はアイデア倒れ賞をいただき、5年連続の全国大会出場となりました。
 
なお、この模様は12月29日午前10時05分~午前10時59分にNHK総合にて放送される予定です。
また、すでに11月24日に放送されたBS4Kの2時間特番も年末年始に再放送される予定ですので、是非ご覧ください。
 
高専ロボコン オフィシャルページ
http://www.official-robocon.com/kosen/
 
(写真は、クリックで原寸表示)
]]>
<![CDATA[第25回深山会中部支部総会・同窓会が開催されました]]>Fri, 22 Nov 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/25969727411月23日(土)熱田神宮前の大同特殊鋼健保会館にて、深山会中部支部総会・同窓会が開催されました。
 
今回参加者は27名で、林寛幸関西支部長をはじめ関西支部から5名の参加があり、同じ母校の仲間として、懐かしい話で盛り上がることが出来ました。
宇都宮洋一(M15期生)さんの乾杯の音頭の後、冨永中部支部長の挨拶・来賓紹介があり、来賓の挨拶がありました。

また、母校である都城高専の状況や今後のビジョンについて、深山会本部のHPを閲覧しながら紹介されました。
 
歓談の中で、全員の近況報告やビンゴで大いに盛り上がり、同窓会の3時間もあっという間に過ぎ、集合写真を撮り、田中宏(C13期生)さんの万歳三唱の後、最後に村田久法(M36期)さんの終了宣言にて閉幕となりました。
 
今後とも、これまで以上に中部支部と連携を密にし、同窓会組織をより活性化していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

​(写真は、クリックで原寸表示)
]]>
<![CDATA[令和元年11月2日(土)に『第55回都城高専文化祭』が開催されましたが、深山会は、「ボンジリ」と「せせり」の「焼き鳥」とカフェサービスを出店しました]]>Fri, 01 Nov 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/226828611月2日(土)に『第55回都城高専文化祭』を開催されましたが、深山会として、昨年同様、正門横にテントを5個張り、「焼き鳥」とカフェサービスを出店しました。「焼き鳥」は、例年の「鶏のぼんじり焼き(10kg)鶏のボンジリ( 鶏の尻尾に当る部分)」に加え、今年は、「せせり(鶏の頸部 (首)の肉)焼き」をふるまいました。「せせり」とは、鶏肉の部位の呼称で、頸部(首)の肉のことです。一羽から取れる量が少なく希少な首周りの部位ですが、鶏の首は左右上下によく動く筋肉なので、引き締まった身で歯ごたえがありながら適度な脂身もあり、もも肉よりは、脂身が多く、弾力もあって噛めば噛むほど肉汁が出てくる味わいのある部位です。
 
鶏のぼんじりとは、尾骨の周りの肉で、周囲を脂肪の塊が覆っているほんのわずかしか取れない部分です。 鶏の尻尾に当る部分。この三角部分の突起はよく動く場所で、筋肉が発達していて、味は格別です、鶏の部位の中でも、最も脂がのっていて、ジューシーでとろけるような口当たりは、 鶏通好みの逸品です*^^*
 
学生との交流を深める為、学生には焼き鳥とカフェは、無料の「ふるまい」としましたが、大変な人気振りでした。
 
昨年のことを覚えている学生も数多くおり、深山会の存在が学生の間で浸透しつつあるのを実感しました。卒業後も深山会の活動に参加してもらえる呼び水となれば幸いです!
 
また、カフェサービスは、サイホンコーヒーの他にココアミルクとミルクティーを用意し、文化祭のスタッフとして活躍している学生達に「ふるまい」ました。学生だけでなく保護者や来場者からも評判が良く、来年もまたやって欲しいと言うお声も頂きました。
 
深山会本部役員たちも久し振りに学生時代の文化祭や高専祭を懐かしく思い出すことができました!
 
(写真は、クリックで原寸表示)
]]>
<![CDATA[都城高専同窓会深山会延岡支部同窓会が開催されました]]>Fri, 01 Nov 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/2861696​令和元年11月2日(土)に、昨年に引き続きキャトルセゾン マツイにて、延岡支部総会同窓会が開催されました。
 
総会・同窓会は、矢野泰章(A56)の開会宣言に始まり、児玉誠支部長(56M)の挨拶、活動実績報告の後、松浦則夫幹事(C40)により乾杯の発声がありました。
歓談後、深山会本部会長より、母校である都城高専の状況や今後のビジョンについて、深山会本部HPをスクリーンに映し、紹介しました。
また、本部としての今後の活動方針等について説明を行い、本年度の活動計画やイベントについてプレゼンをしました。
 
今年は、本年3月に卒業した新卒が3名参加し、大変活気のある同窓会となりました。
学生時代の思い出だけではなく、現在の仕事の結びつきやこれからのビジネスの話題にも花が咲き、大変有意義な同窓会となりました。
 
また併せて、還暦きを迎えた方々の紹介もあり、当時の高専の懐かしい話で盛り上がりました。
都倉保博幹事(46M)の進行の下、全員で校歌斉唱の後、鶴田芳男幹事(47E)による万歳三唱、そして最後に集合写真を撮り閉会となりました。
 
今後とも、これまで以上に延岡支部と連携を密にし、同窓会組織をより活性化していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

延岡支部HPも参照ください!
https://nobeoka-miyamakai.net/
 
(以下写真は、クリックで原寸表示)
]]>
<![CDATA[第25回深山会関西支部総会・同窓会が開催されました]]>Fri, 25 Oct 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/25​10月26日(土)に、梅田のESTADIO(エスタディオ)にて、深山会関西支部総会・同窓会が開催されました。
深山会本部からも会長が出席しました。
 
総会・同窓会は、大工支部長(Ah03)の開会宣言、挨拶、活動実績報告の後、清水副会長(Ah04)の司会の下、乾杯、来賓紹介がありました。
また、関西支部長の交代があり、大工支部長より新しく林 寛幸(Ah02)さんが選出され承認されました。
 
歓談後、深山会本部会長より、母校である都城高専の状況や今後のビジョンにつて、PPTや動画をスクリーンに映し、紹介しました。
そして、本部としての今後の活動方針等について説明を行い、本年度の活動計画やイベントについてプレゼンを実施しました。
 
今年は、1期生から平成25年入学までの同窓生が集合し、近畿宮崎県人会長等のご来賓をお招きし開催しました。
学生時代の思い出だけではなく、現在の仕事の結びつきやこれからのビジネスの話題にも花が咲き、大変有意義な同窓会となりました。
 
歓談後、きき酒大会や豪華賞品が当たるクイズ大会等で大いに盛り上がり、全員で校歌斉唱の後、最後に集合写真を撮り閉幕となりました。
 
今後とも、これまで以上に関西支部と連携を密にし、同窓会組織をより活性化していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
 
(写真は、クリックで原寸表示)
]]>
<![CDATA[高専ロボコン2019九州沖縄地区大会のご報告]]>Sat, 12 Oct 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/201982210025年連続の全国大会出場となりました!
 
10月12~13日に大分県べっぷアリーナにて高専ロボコン九州沖縄地区大会が開催されました。
 
都城高専からは都城A・Bの2チームが出場し、都城Bチームは調整不足により予選リーグ敗退となりましたが、都城Aチームは予選リーグを突破して決勝トーナメントに進み、都城高専としては2年連続で決勝までたどり着くことができました。
 
決勝戦では熊本高専八代キャンパスと対戦しましたが、強豪校を前に残念ながら敗退となり準優勝にとどまりました。
表彰式では都城Aチームが準優勝校として表彰されました。
 
特別賞については台風の影響で協賛代表が来場できなかったため、後日ビデオ審査にて各賞を確定する予定となっています。
 
さらに都城Aチームは多彩なアイデアですべての課題を達成したことが評価されて、11月24日東京両国国技館で開催される全国大会に出場することとなりました。
今回で5年連続の全国大会出場となります。
 
全国大会では、さらなる良い結果が出せるよう本戦に向けてロボットのブラッシュアップを重ねていくとの事ですので、引き続き、応援の程よろしくお願い申し上げます!
 
【以下写真は、クリックで原寸表示】
]]>
<![CDATA[令和元年10月13日(土)・14日(日)に、「全国高等専門学校第30回プログラミングコンテスト」が開催されました。]]>Sat, 12 Oct 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/10131430全国の高専生がプログラミングの技術を競う「全国高等専門学校第30回プログラミングコンテスト」が、都城高専を主管校として、都城総合文化ホールで開催されました。
当都城高専同窓会「深山会」も後援しましたが、地元の都城高専をはじめ45校から約350人が参加し、自作のシステムを発表しました。
都城高専は、「ひなタイム -宮崎のいいとこ、おひさまが教えてくれるっちゃが!-」というタイトルで、敢闘賞を受賞しました!
 
また、都城高専のOBである(株)コロプラ代表取締役社長の馬場功淳氏と(株)アラタナ代表取締役社長の濱渦伸次氏による特別講演「テクノロジー 現在、過去、未来」も開催され、盛会のうちに閉会しました。

※コンテストパンフレットはこちら☞ 

【以下写真は、クリックで原寸表示】
]]>
<![CDATA[令和元年10月12日(土)に‐第22回コラボ九州(九州地区高専同窓会)2019 in 別府(大分)が開催され会長が出席しました。]]>Fri, 11 Oct 2019 15:00:00 GMThttp://miyakonojo-miyamakai.net/activity_report/1012-222019-in​コラボ九州は九州沖縄地区高専同窓会ですが、各高専の同窓会の持ち回りで開催されており、今年は「コラボ九州2018 in 別府(大分)」と称し、大分高専(同窓会)がホスト役となって、第22回コラボ九州が、10月12日(土)に開催されました。
 
大分高専同窓会の主催の下、トキハ別府店 東館(シーサイド)7階レセプションホールに、佐世保高専同窓会,熊本(八代)高専,沖縄高専同窓会,有明高専同窓会、都城高専同窓会、鹿児島高専同窓会等九州・沖縄の各代表者が集まり、活動の状況や活性化の取り組みについて活発に意見交換を行い交流を深めました。
 
来年度の担当はロボコン開催地に合わせて沖縄高専同窓会になります
 
【以下写真は、クリックで原寸表示】
]]>